<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
磐田サッカー協会規約
磐田サッカー協会規約
  
     第1章 総則
第1条 本協会は、磐田サッカー協会と称する。
第2条 本協会は静岡県サッカー協会西部支部の下部組織とし、磐田市・豊田町・福田町    ・竜洋町・豊岡村在住者又は同事業所に勤務する者を有資格者とする。
第3条 本協会を地域により次のように区分する。   (平成12年7月9日撤廃)
1 磐周地区 磐田市・袋井市・天竜市・磐田郡・周知郡
2 掛川地区 掛川市・小笠郡

     第2章 目的及び事業
第4条 本協会は、磐田市・豊田町・福田町・竜洋町・豊岡村を統括する代表団体として、    サッカー競技の普及及び振興を図り、加盟団体及び地域住民のサッカー競技への    理解と昂揚と共に、相互の親睦と健全なる発展に寄与することを目的とする。
第5条 本協会は、前条の目的を達成する為に、次の事業を行う。
  (1) サッカー競技大会の主催並びに後援
    (2) 競技技術の開発研究及び競技者の指導育成
(3) 審判技術の研究及び審判員の能力向上並びに指導育成
    (4) 競技施設,用具等の競技環境の拡充強化とその指導推進
    (5) サッカー競技大会に関する公式記録の作成保存
    (6) 外部団体との接渉
    (7) その他本協会の目的達成に必要な事業

     第3章 役員
第6条 本協会に次の役員をおく。
1 会  長  1名
2 副 会 長  若干名
3 理 事 長  1名
4 専門委員  
5 監  査  2名
6 地区委員  各地区1名
 尚、本協会に顧問および参事をおくことができる。
第7条 1 会長は本協会を代表し、業務を統括する。
2 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時は、これを代行する。
3 理事長は、日常業務の企画・立案・管理及び遂行の業務に従事する。
4 専門委員は、それぞれの分野における専門的な業務を分担し、その遂行を  図る。
5 必要により委員会構成を行う。尚,業務細則は西部支部規約第7条第5項  及び7項に準ずる。
  (1) 総務 大会,行事等の企画・立案・外部団体との連絡折渉に関する事項。
    (2) 庶務 日常業務における計画・運営・会計等に関する事項。
    (3) 技術 競技者の競技技術の調査研究・指導向上・講師派遣に関する事項。
    (4) 審判 審判技術の調査研究及び審判員の能力向上・審判員の派遣等に関する          事項。
    (5) 監査 監査は本協会の業務及び資産に関し、それぞれ監査業務を行う。
第8条 1 会長・副会長及び理事長は、役員会において推薦し、総会において過半数の      承認を経て定める。
2 専門委員及び監査は、役員会において推薦し、総会において過半数の承認を      経て定める。
3 顧問は、理事会の推薦により会長が委嘱する。
4 上部団体の役員は、理事会において選任する。
第9条 役員の任期は、原則として2年とし、再任を妨げない。役員に移動の生じたとき    の任期は、その残任期間とする。

     第4章 会議
第10条 1 理事会は、年4回以上会長が招集する。
2 理事会の議長を理事長とする。
3 理事会の議決は、出席者の過半数とし、可否同数の時は会長がこれを定め  る。
第11条 1 理事会は、会長・副会長・理事長及び専門委員によって構成する。
    2 規約に定める事項の他、業務に関する事項を決定し、執行する。

第12条 1 本協会の総会は、年1回定期に会長が招集する。
    2 総会は加盟登録数の3分の2以上の出席によって成立する。
    3 議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数の時は会長がこれを定める。
      但し、当該議事につき、書面をもってあらかじめ意思表示をした者は出席と      みなす。
第13条 定期総会において、次の事項を審議決定する。
    (1) 事業報告・収支決算並びに事業計画、収支予算に関する事項。
  (2) 会長・副会長・理事長・専門委員及び監査の選任。
    (3) 会務に関する事項で、理事会において必要と認められる事項。
    (4) 規約の改廃に関する事項。
    (5) その他総会で必要と認められる事項。

     第5章 資産及び会計
第14条 本協会の資産は次の通りとする。
 1 交付金 2 事業に伴う収支 3 寄付金品    協会登録費を削除
4 大会参加費 5 その他の収入
第15条 本協会の資産は、理事長が管理し,保管する。
第16条 本協会の事業報告書・収支決算書並びに事業計画書・収支予算書は会長が作成し
    理事会・総会及び監事の承認を受けて外部団体に報告する。
第17条 本協会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日とする。

     第6章 加盟団体・個人
第18条 本協会の趣旨に賛同する団体及び個人は、理事会の承認を経て、加盟団体、個人     となることができる。
第19条 加盟団体,個人が協会の品位を落とし、その名誉を傷つけ、又はその目的に違反
    する行為があった時は、理事会の議決を経て、会長が資格停止又は除名すること    ができる。
第20条 加盟団体、個人は、毎年定められた協会登録費等を期日までに納入しなければな    らない。       (平成15年5月25日撤廃)

     第7章 規約の変更
第21条 本規約は、理事会及び総会においてそれぞれ3分の2以上の議決がなければ変更    できない。

     第8章 補則
第22条 本規約の細則は別に定める。
    *地区規約,各種大会の開催規約等
第23条 本規約は昭和56年7月10日から実施する。
        平成2年7月5日 一部改正
  平成12年7月9日 一部改正
平成15年5月25日  一部改正








| 定款・規約 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |