<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高校総体決勝 観戦記 | main | 各種会議に参加しています。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
創部2ヶ月の県制覇!磐田南定時制、快挙。
 遅筆、申し訳ありません。
 今月7日(日)、エコパでの決勝戦観戦記第2弾は、定通制の磐田南対清水東。伝統の青のユニフォームに身を包んだ清水東に対し、なんとかエンジのユニフォームを調達した磐田南が挑む展開と目された一戦は、予想に反して、新鋭・磐田南が押し気味の展開。フリーキックを得るや、相手ゴールまでの距離はおかまいなし、キャプテンマークを腕に巻いたキーパーが、威風堂々ボールをセット。何かを起こす予感たっぷりの助走から、ゴールマウスを狙うキックは、あわやゴール!の一撃。不用意なファウルは命取りになると感じた清水東守備陣は、サッカーを知っているだけに出足が鈍る。タテへのドリブル突破から、パスワークも絡めて、清水東ゴールに迫る磐田南は、忠実なまでにキャプテンのコーチングに従い、統率のとれたゲーム運び。決定力に欠け、前半を折り返すも、勝利の期待は高まる。
 攻め疲れからのスタミナ切れが心配された後半だったが、相変わらず優勢に進める磐田南。清水東も反撃を試みるが、こちら守備陣もキーパーの的確な指示、激しいゲキに身体を張っては、決定機は作らせず、得点を待つ。
 歓喜の瞬間は、後半も半ばにさしかかった頃。右サイドを突破したアタッカーがドリブルでペナルティエリアに侵入、右足を振り切ったキックは、強いボールではなかったが、絶妙のコースに転がり、キーパーをあざ笑うかのようにサイドネットに転がり込む。磐田南の先制!この1点を守ろうとむしろ固くなることが懸念されたが、そこは波に乗るチームだけあって杞憂に終わる。虎の子の1点を守りきった、というより最後まで攻め抜いて頂点に登り詰めた。
 表彰式、誇らしげなイレブンには、初々しさが満ちていました。おめでとう、磐田南定時制!!
 ぜひ、市内高校各チームとも練習試合、いえ、全国大会壮行試合を!koma記


| - | 23:49 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |