<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
磐田サッカー協会
昭和40年(1965年)初代会長:乗松義親氏によって、現在の磐田サッカー協会の前身である『磐田サッカー連盟』が設立。
その後、春野南中(41年)、向陽中・福田中(42年)、袋井商・天竜林業(44年)、気多中・二俣高(46年)が次々とサッカー部を創設し、社会人や中学の部でも磐周地区での大会が積極的に開催されるようになった。
昭和50年代に入ると、磐田サッカー連盟は有機的に磐周地区を育てる活動により一層の力を注ぎ、少年団から社会人に至るまでの各種別の磐周大会または中遠大会を開催した。
また、地元企業からも各大会の後援・サッカースクールの開校などのバックアップを受け、磐周地区の高校・中学等はチーム数の増加や飛躍的なレベルアップを見せた。
昭和61年には磐周地区唯一の女子チーム(ヤマハサッカースクール)も発足し、各種別ともに次々と好成績を残していった。
現在、安間英雄会長を筆頭に、磐周地区のサッカーの発展・普及に向け、全力で取り組んでいる。